計画相談その1

私たちにとっての計画相談って?

計画相談は、障害を持つ人すべてを対象には、まだなっていません。福祉サービス(ホームヘルパー等、就労継続支援、就労移行支援等)を利用する人が対象です。
◎ホームヘルパーを利用したい、ショートステイを利用をしたいという人は、
、自治体の窓口に行き継続更新、新規を申請します。自治体は、指定特定相談事業者の一覧表を提示してくれます。
 その中から事業所を選びます。
、その場合、行政から、障害支援区分 の認定を受けます。
、事業所が計画相談を開始。 ⇒サービス利用計画案を作成。
本人の願い(症状がありながらも、自分の希望・夢に向かって)をききだせる、また、家族の思いも聞き出せる、専門員の資質が問われます。そして、その支援は希望が実現するまで、継続的に利用できるよう、計画相談が始まります。
それに必要な体制を作れるよう、ケアーマネジメントをしていきます。必要な場合は、サービスを開拓することも必要になります。
、事業所が計画相談を開始。 ⇒サービス利用計画案を作成。
本人の願い(症状がありながらも、自分の希望・夢に向かって)をききだせる、また、家族の思いも聞き出せる、専門員の資質が問われます。そして、その支援は希望が実現するまで、継続的に利用できるよう、計画相談が始まります。
それに必要な体制を作れるよう、ケアーマネジメントをしていきます。必要な場合は、サービスを開拓することも必要になります。
計画案を、自治体に提出(本人・事業所のどちらでもよい)した後、関係者会議を当事者も入って持ちます。
その後も願いの実現に向けて計画がされていくかどうか、また新たな挑戦も入れる、モデリングが始まります。

◎就労継続支援A・Bや就労移行支援を利用をしたい場合
1、自治体の窓口に行き継続更新、新規を申請します。自治体は、指定特定相談事業者の一覧表を提示してくれます。
 その中から事業所を選びます。
、事業所が計画相談を開始。 ⇒サービス利用計画案を作成。
本人の願い(症状がありながらも、自分の希望・夢に向かって)をききだせる、また、家族の思いも聞き出せる、専門員の資質が問われます。そして、その支援は希望が実現するまで、継続的に利用できるよう、計画相談が始まります。
それに必要な体制を作れるよう、ケアーマネジメントをしていきます。必要な場合は、サービスを開拓することも必要になります。
計画案を、自治体に提出(本人・事業所のどちらでもよい)した後、関係者会議を当事者も入って持ちます。
その後も願いの実現に向けて計画がされていくかどうか、また新たな挑戦も入れる、モデリングが始まります。
事業所は、個人情報の保護の契約を本人と結びますので、今迄の苦労をそして努力して作ってきたあなたの生活を、
しっかりとお話ししましょう。自分の希望にむけの一歩を一緒に考えてくれることでしょう。

入院をして退院する場合、や、グループホーム等を退所して、地域で生活する場合も、計画相談が始まります
入院をした場合は、病院のPSWなどに、この計画相談につなげてもらうよう相談をしましょう。
☆ まだまだ、日本の精神保健福祉は遅れています。勇気を出して、話を聞いてもらいましょう。
(増田)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

オクター

Author:オクター
ご家族に精神障害を抱えている家族の会です。
日頃本人のために良かれと思いあれやこれやしていることと思います
長い トンネルから いっしょに 出口 にいきましょう
案内役の オクター です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる