FHMの会とは?
FUSSAのF,HAMURAのH、MIZUHOのMを取って「FHM」と名づけられたこの地域に住む精神障害の悩みを持つ家族の集まりです。障害があっても安心して地域で暮らしてゆける社会の実現を目指して活動しています。

1979年(昭和54年)9月 に 西多摩地域で初になる作業所の設立を願い、保健所、行政、地域の方々の支援を受けて、「FHMの会」の前身である「ひまわり家族会」を設立しました。その後、人権の尊重がうたわれ、障害者基本法の中に他障害者とともに位置つけられました。
精神障害関係の諸施策は未だ理想とは程遠いですが、確実に整えられてきました。そういう流れの中で、当事者としての発言が大切と、歴史を積んだ 「FHMの会」です。

精神障がい者の数は全国で300万人をこえるといわれています。家族を含めれば、1,000万人以上の方が精神の病気で苦しんでいることになります。決してあなた方ご家族のだけの問題ではありません。他の病気に比べ3倍のストレスが家族にかかるといわれているこの病気は、家族が元気になることが、ご本人の回復への力強い後押しになります。家族でなければ分からない心のうちを存分に語り合い、気持ちをリラックスさせましょう。各人の持つ情報(医療、薬、福祉資源等々)の交換や、研修をすることで、将来の見通しもついてくると思います。
現在、40家族です。会費は月250円です。 他市の方も入会できます。
 

☆定例会
情報交換・近況報告・研修等の報告、悩み相談・おしゃべり
毎月 原則第3土曜日(8月12月を除く)
会場:松林会館(福生市)、羽村市福祉センター
   瑞穂町ふれあいセンター、福生市ふれあいセンター
時間:午後1:30~4:30
☆家族ケア 第3水曜日 輝き市民サポートセンター 551-0166
☆会報発行
隔月発行  会員・関連機関に配布 
☆ピアカウンセリング(羽村市社協より受託) 
毎週第4火曜日13時から16時 羽村市ふれあいセンター 554-0304
☆連絡先 080-9033-4048 増田
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

オクター

Author:オクター
ご家族に精神障害を抱えている家族の会です。
日頃本人のために良かれと思いあれやこれやしていることと思います
長い トンネルから いっしょに 出口 にいきましょう
案内役の オクター です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる