共謀罪・テロ防止法案 障害者運動とは間逆の法律です。

   「施策が先、意識は後」藤井克徳氏( 日本障害者フォーラム副代表)は言っています。
2014年の障害者権利条約 からはじまり、2016年施行された差別解消法。そして、精神障がい者への心身障害者医療費助成制度の適用にむけての東京都に向けての 現在の大きなうねりになりました。
 今回の共謀罪・テロ防止法は、野党はじめ、日本弁護士連、ペンクラブ、団体はじめ多くの団体が反対しています。障害者運動をしている私たちにとっても、この共謀罪ができてしまうと、施策のあとから、地域にねつく ・・だんだんに政府に反対の意見をいわせないよう監視社会の到来が危ぶまれます。
 障害者権利条約批准に向けて、 私たちのことを私たち抜きに決めないでの合い言葉の元、沢山の障害者団体・当事者が参加し作りました。それを土台にして、その後、障害者基本法、差別解消法 などができました。
・障害者運動は、弱者の声を聴ける地域社会作りと思います。共生・ノーマライゼーションの理念から 包合・インクルージョンの理念にむかっています。
 それぞれが思う正しさを押しつけるのでもなく、対話の中で 理解をするように努力し 今の一歩を模索していく。
こころのなかを図る共謀罪を成立させたら、今の障害者運動もできなくなりそうです。             (増田)

え!何で今の時代に 教育勅語

FHMの会便り111号で、大阪公立小学校「みんなの学校」の映画の感想が掲載されている。教師も子どもも、親も、様々な子ども達と、ふれあい、涙と共に、考え、体験をする中で、おもいやりや共感が育つことが端々に見える。
しかし、今、世間をにぎわしている、森友学園関係では、教育勅語を幼子にしている映像にびっくりした。 教育勅語は、天皇が臣下の国民に、国のために身をささげるよう等の価値観の押しつけである。こんな、昔のものが・・今の政権のトップと関係している人たちが恥ずかしげも無く話すのにびっくりする。
これでは、子どものいじめはさらに助長するだろう。
互いに 対話して ゆっくりと考えるなかで、おもいやりが育つと思う。



FHMの会他今後の予定

「精神障害がある人達の地域生活と家族の役割」
5月13日(土)PM2時~4時  会場 イオンモール日の出
講師  藤井 克徳 氏  日本障害者フォーラム(JDF)副代表 NPO法人日本障害者協議会(JD)  きょうされん 専務理事主催: 西多摩虹の会 小笠原 090-1882-0306
今後の予定~
4月 5日(水) pm1:00~家族ケア(福生市輝き市民サポートセンター)
4月15日(土) pm1:30~4:00 総会 (羽村市福祉センター2階)
4月25日(火)pm1:00~4:00 ピアカウンセリング(羽村市福祉センター2階
4月25日(火)pm1:00~4:00 役員会 (羽村市福祉センター)
5月 9日(火)施設見学会あきる野市、日の出町方面( 秋川虹の家、GHもみの木、ほたるの里など)  
5月18日(火)pm2:00~ 海道病院見学 

東京都心身障害者医療費助成制度(マル障)の対象に

東京都心身障害者医療費助成制度(マル障)の対象に
東京都精神保健福祉家族会連合会(東京つくし会)では、東京都に請願しています。

日本では、身体障害者、知的障害者、精神障害者と障害を区分けし、それぞれに手帳を発行し、行政として支援をしています。都の条例では、精神障害者には精神科自立支援医療助成があるからと《マル障》の対象に入っていません。
精神障害者は向精神薬が長期にわたり必要です。心身共に疲れやすい方が多く、成人病疾患になる方が多いです。他障害に比して、手当がなく、青年期発症のため無年金者が多く 生活資金は常に困窮しています。
3月の東京都の議会に間に合うように、署名を1月より1ヶ月弱急遽あつめました。 
現在、各自治体に陳情書提出にむけて動いています。
                                

おしらせ

~FHMの会員にもなっている、トワエモアの皆さんから~
喫茶のサロン・トワ・エ・モア開設の おしらせ です


羽村〈トワ・エ・モア〉は 精神障がいを抱えている方々の働きたい思いの初めの一歩を支援するために発足した会です。具体的には、福祉店舗運営を目指して様々な活動を続けてきました。現在女性5人の当事者と家族・サポーターの方々で活動をしています。
このたび、羽村市富士見平にある〈よりみちサロンふじみ〉さんの場所をお借りして・10月から、月曜日・木曜日のAm10:00~Pm3:00 に〈サロン・トワ・エ・モア〉を開設することになりました。当面は会員たちが安心できる日中の居場所として、のんびり過ごしながら、今後どんな活動をやっていくのか一緒に話し合っていければと思っています。
カフェ業務を委託されていますので喫茶を開いています。今後は少しずつ、お菓子づくり、食事作りもできたらと考えています。
地域の障害者の作業所等の手作り品、お菓子等も販売していきます。活動にご理解いただき、ご賛同いただける方、会員、賛助会員を募集しています。
皆様のお力添えをお待ちしています。          (トワエモア・中西)
連絡先(大槻 042-555-4308)

プロフィール

オクター

Author:オクター
ご家族に精神障害を抱えている家族の会です。
日頃本人のために良かれと思いあれやこれやしていることと思います
長い トンネルから いっしょに 出口 にいきましょう
案内役の オクター です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる